内定撤回で生活費が難しい

希望の業種へと雇用を決意してから、毎日導入動きに追われる毎日でした。
さまざまな企業へ足を伸ばし、顔合わせを受けるのは、生徒の時風でしたが希望に満ち溢れた先々があるって信じていたのです。

動きの申込もあり、最大手へって内定が決まって安心していたのも束の間、誠に直前になって内定破棄、というショッキングな一大事がありました。
やっと勝ち取った雇用が厳禁になったのも嫌でしたが、それよりも心配なのは今後の生活費です。
年収をもらえることを前提に生活簿の計算をしていたため、思わぬ形で突如ピンチに陥ってしまいました。

内定破棄を親に打ち明けることもできず、かといって金銭的にそれぞれを用いることさえできません。
生憎ストックは導入動きという家電の転換で概してなくなってしまったので、家賃の決断どころか取るものを貰うお金さえきつい状況が予想されます。

さすがに為す技術を失ってしまったかのように思えたのですが、ふと学生時代に作ったクレジット・カードを発見しました。
これでやっと家計の風土を整えつつ、導入動きをする残りができたので助かったのです。

▲ページトップに戻る